トロンボーン・クァルテット・ジパング

シャンソン(歌)。それはトロンボーン・クァルテット・ジパングの永遠のテーマであり、この団体の象徴的な言葉でもあります。トロンボーン・クァルテットの美しいハーモニーとフランスのエスプリ溢れる鮮やかなメロディーの融合した、このアルバムでもジパングの卓越したアンサンブルと技術がいかんなく発揮されています。トロンボーン・クァルテットの輝かしい伝統を持つフランスに、敬意を表しながらもジパングの音楽が大きく展開されています。オリジナル作品からジパングの編曲版まで、多彩に収録されています。今アルバムの売りはなんといっても日本のトロンボーン界の至宝、日本No.1との呼び声高い桑田晃が遂に編曲に取り組みました。しかもその曲は「道化師」!!トロンボーンならではの奏法を駆使し色とりどりの音楽が飛び出します。トロンボーンのみの「道化師」、圧巻です。ぜひお楽しみ下さい。
(オクタヴィア・レコードHPより)

ラヴェル/桑田晃編曲:道化師の朝の歌
シャルパンティエ:典礼形式による四重奏曲
ラフォッセ:四重奏曲、4本の為のエチュード
モーティマー:パリジェンヌ組曲
ピショロー:エクステース
ドビュッシー/レビン編曲:3つのシャンソン
 1神よ、美しき人を見るはよきかな 2太鼓の音が聞くとき 3冬ってほんとうにイヤなもの
ピぜー/吉川武典編曲:歌劇「カルメン」より 花の歌、ジプシーの踊り

Chanson / Trombone Quartet Zipang ; CD

SKU: OVCC-00039
¥2,857Price