挾間 美帆 作曲 Miho Hazama

12色のいろえんぴつ Twelve Colored Pencils


Kazenone Euphonium Solo Series
ユーフォニアム & ピアノ

 

◇12色のいろえんぴつ

 この曲は、2011年に鎌田裕子氏の委嘱により作曲された作品です。曲は、12色の色鉛筆と平均律全部の12の音をコラボレーションさせ、C-durのシンプルなテーマから始まり、このモチーフがドミナント・サークルの順に登場する仕組みとなっています(ただし調性はハッキリしない場合が多い)。時にはユーフォ二アムだけ、時にはピアノだけ、時には2人で協力してテーマを演奏します。それぞれの色には登場順に、以下の注釈が付いています。

 

暖かみのあるピンク色

はつらつとしたオレンジ色

変化を予兆させる黄色

なにかが芽生えたきみどり色

神秘的な深いみどり色

奥深さを秘めた黒色

黒色につぎ込まれる白色

暗く悲しい灰色

水の滴り落ちるような水色

その滴を優しく受けとめる濃い青色

様々な要素の混ざり合った紫色

太陽のように開放感のある赤色

 

色彩感を楽しみながら演奏していただけたら幸いです。

挾間美帆

 

◆初演:2011年

◆初演者:鎌田 裕子(Euphonium)・佐藤友美(Piano)

 

◇Twelve Colored Pencils

The work was composed in 2011 to a commission from Yuko Kamata. It aims to illustrate a collaboration between 12 colored pencils and traditional equal temperament with the octave divided into 12 semitones. The theme begins in C major and then traverses the circle of fifths (although the tonality is often vague). The theme is sometimes played by the euphonium alone, sometimes by the piano alone and sometimes by both instruments together. The following annotations apply to each color in order:

 

“Pink to express warmth” “Orange to express vividness” “Yellow to presage a change” “Chartreuse to sprout something” “Deep green to signify mystery” “Black to denote profundity” “White to be into black” “Gray to express darkness and sadness” “Light blue to represent dripping water” “Blue to catch the dripping water gently” “Purple consisting of various elements” “Red to express a sense of freedom like the sun”

Miho Hazama

 

◆First Performance: 2011

◆First Performer: Yuko Kamata(Euphonium) and Yumi Sato(Piano)

12色のいろえんぴつ ; ユーフォニアム&ピアノ 楽譜

SKU: KEUS-007
¥2,500Price