青島広志 作曲

◇オペラ『火の鳥』より 3つの断章

I.  火の山は眠る 

II. 行進曲「クマソ」

III. 森の小鳥よ 

 

トランペット&ピアノ

Kazenone Trumpet Solo Series

 

◇オペラ『火の鳥』より 3つの断章

1985年に東京室内歌劇場によって初演されたオペラ「火の鳥 ヤマト編」(手塚治虫 原作)は、幾つもの副産物を生んでいる。中でも最も流布したのは「合唱版」(カワイ出版)だが、この「三つの断章」もその一つ。

 日本を代表する意欲的なトランペット奏者、神代修さんのレコーディングのために二つの章を書いたが、その後、ピアノパートをオルガンに替えて「行進曲」を含めた三楽章にまとめられた。この際の独奏は山川洋樹さんである。即ち伴奏譜をそのままオルガンに転用可能である。(足鍵盤の使用は任意。ストップはIIIIが弦、IIが金管系が望ましい)三章そろえての演奏は望むところであるが、一曲ずつを愛奏曲・アンコール曲として単独で演奏されることも、作曲者としては期待している。(青島広志)

 

I.  火の山は眠る                 クマソの長 タケルが阿蘇山に向かって歌う

II. 行進曲「クマソ」          クマソの軍勢の入場

III. 森の小鳥よ                    ヤマトの大君の墓に埋められた人々の歌

                         

 

Composed by Hiroshi Aoshima

◇Three Fragments from Opera "The Firebird"

 

Trumpet &Piano

Kazenone Trumpet Solo Series

 

◇Three Fragments from Opera "The Firebird"

Opera The Firebird: Yamato (Hinotori, inspired by the manga series by Osamu Tezuka), premiered in 1985 at The Tokyo Chamber Opera Theatre, has borne various spin-offs. Choral version (edition KAWAI) was one of the most popular work, as well as this Three Fragments.Two movements of the work were composed for Mr. Osamu Kumashiro, the ambitious trumpet player who is representative of Japanese classical music world. Piano part was later changed to the organ, and completed as three movements with the added March. The solo part was performed by Hiroki Yamakawa. Accompaniment can be performed with the organ. (The use of pedals is optional. Look for string-like timbre for first and third movements, and brass-like timbre for the second movement when choosing stops.)Performing all three movements are preferable, although playing each movements individually as your favorite repertoire or a piece for the encore is also expected by the composer. (HIroshi Aoshima)

 

I.     As Mountain of Fire sleeps Takeru

II.    March “Kumaso”

III.   O, birds of the forest

青島広志 / オペラ『火の鳥』より 3つの断章 ; トランペット&ピアノ 楽譜

SKU: KTPS-002
¥2,400Price