挾間美帆 (Miho Hazama)
レター・フロム・サターン (Letter from Saturn)

Horn and Piano
Kazenone Horn Solo Series

 

Letter from Saturn

この作品は、福川伸陽氏の委嘱を受けて2016年に作曲されました。「環」を持った惑星としてなじみが深い土星。英名「Saturn」の語源となったローマ神話に登場する神・サートゥルヌスのイメージがホルンという楽器に重なったので、15kmも離れたこの星からの“便り”をテーマに選びました。氷や宇宙の塵でできている「環」がキラリと光り舞い踊る様子や、サートゥルヌスの名に相応しく大らかなるも勇ましいイメージ、その土星の大きさを客観視するようなシーンなど、この星にまつわる自分なりのイメージを一曲の中にちりばめています。ピアノも“伴奏”というより、共にシーンを構成する重要なラインを沢山担っています。時に平行しながら、そして時に交錯しては散らばってゆく細かいフレーズと、大らかな旋律の対比もお楽しみいただけたら、と思います。

挾間美帆

◆初演:2016

◆初演者:福川伸陽(NHK交響楽団首席ホルン奏者)

◆演奏時間:約837

 

Letter from Saturn

The work was commissioned by Nobuaki Fukukawa, and composed in 2016.

Saturn, known as a planet with the rings, takes its name from a Roman god Saturnus. As my impression of Saturnus and French horn overlapped, I decided to set up a theme of the piece as a “letter” from this planet that is over 1.5 billion kilometres away from the earth.

The piece is filled with many of my own images of this planet: glittering and dancing of the “rings” which are made of cosmic dust and ice, the image of Saturnus as a generous and heroic god, and an objective view of this big planet.

The piano part takes several important lines and forming scenes together with the French horn. I hope you will enjoy contrasts of small phrases, which sometimes cross and then disperse again, as well as contrasts of spontaneous melodies.

Miho Hazama

 

挾間美帆 / レター・フロム・サターン ; ホルン&ピアノ 楽譜

SKU: KHNS-005
¥3,000Price