和田薫 作曲

海へのファンファーレ ~金管アンサンブルと打楽器のための~

金管10重奏 + 打楽器 (パート譜)

Nagisa Brass Solisten Series

 

YouTube

https://youtu.be/y6u0_sWASww

 

◇海へのファンファーレ ~金管アンサンブルと打楽器のための~

 

なぎさブラスのために作曲されたオリジナル作品も、この作品で3作目となります。「海によせる三つの断章」「海神」と、かなりやりつくした感はあったのですが、打ち合わせの際に「なぎさのテーマ曲になるようなファンファーレがいいな」と、主宰の神代修さんからのリクエストを受け、華やかなファンファーレ形式の作品にすることが決まりました。古今東西、ファンファーレの名曲は星の数ほどあります。「ペリのファンファーレ」、「東京オリンピックのファンファーレ」、競馬場のファンファーレetc. かなり悩んだ揚げ句、なぎさブラスらしく、シンフォニックでハイテンション、男11人衆の勇壮さをイメージした方向性で作曲に取り組み、各セクションの見せ所もプロデュースしました。タイトルも“海三部作”として「海へのファンファーレ」と明快なタイトルに。男衆が、逗子から大海原へと乗り出して行く光景をイメージしながら演奏して頂ければと思います。

                          作曲家 和田

 

 

◆初演 : 2010106日 なぎさブラスゾリステン 6回演奏会(逗子文化プラザ なぎさホール)

◆演奏時間 : 230

 

 

 

 

◇“Fanfare to the Sea” for Brass Ensemble and Percussion

 

This piece marks the third original composition for NAGISA BRASS SOLISTEN. I had a feeling that I squeezed everything I had into first two works, “Three Fragments to the Sea” and “WATATSUMI”. However, when I was requested by Mr. Osamu Kumashiro, music director of NAGISA to “write a fanfare, something to make NAGISA’s signature statement”, I was inspired to work on a piece with brilliant fanfare format. There are as many fanfares as there are stars in the sky, in all ages and countries; Fanfare from “La Peri, Fanfare of the Tokyo Games, Derby etcetera. After giving a long and hard thought, I steered my fanfare for symphonic, energetic and valiant one, identical with NAGISA BRASS, the ensemble of eleven manly men. I also produced how and when to feature each section during the piece. The title is set as “Fanfare to the Sea”, for clearer definition of our “Sea Trilogy”. I hope you enjoy performing this piece, imagining how men set out on their voyage at Zushi to the open sea.

Kaoru Wada, composer

 

 

First Performance : NAGISA BRASS SOLISTEN 6th Concert in October, 2010 at Zushi Bunka Plaza Hall

Duration : ca’ 02m 30s

和田薫 / 海へのファンファーレ ; 金管10重奏 + 打楽器(パート譜) 楽譜

SKU: KBBE-015P
¥2,300Price