中川 英二郎 作曲 Eijiro Nakagawa

トライセンス Trisense


Kazenone Euphonium Solo Series
ユーフォニアム & ピアノ

 

◇トライセンス

タイトルのトライセンスは造語です。Tri(3つ)Sense(感覚)という3部構成の楽曲を2008年に作りました。ジャズのアドリブを吹くために楽譜を作ることと、クラシックのように全て書かれている曲を創作するのは相反する部分が多いのですが、この曲ではその2つをどこかで融合できないかと思い、「ジャズのようでクラシックであり、クラシックのようでジャズである作風」に仕上げられています。ジャズのようなインプロビゼーションは一切ありませんが、どこかジャズのアドリブのような部分があるので、クラシックを普段演奏している方には「ちょっといつもとは違うチャレンジ」を楽しんで頂けるかと思います。特にリズムが非常に鋭角なので、普段よりも正確にそして、細分化した拍子でイメージしていただけると良いかと思います。スイングするのはなかなか難しいですが、この曲はラテンのように跳ねないで演奏する曲です。しかし、第3部には高速な6拍子と、息継ぎの時間が吹奏楽器には大変な箇所がありますので、ぜひ練習をして習得してください。

(中川英二郎)

 

◇TRISENSE

The title “Trisense” is a made-up word that combines “Tri” (three) and “sense”. I composed this three-part work in 2008. Tome, writing music to play ad lib in jazz and composing a piece of classical music where everything is notated often seemquite conflicting. In this piece, however, I wanted somehow to bring these two together, so I wrote a piece that was in astyle “like jazz but classical, like classical but jazz.” There isn’t any actual improvisation as in jazz, but there are passagesthat sound like ad lib, and I hope that performers who usually perform classical repertoire will enjoy a different sort ofchallenge. In particular, the work features extremely sharp rhythms, so one should play with more precision than usual andsubdivide the beats in the head. It is quite difficult to swing, but as in Latin music, one shouldn’t bounce. Part 3 has a rapid6/8 section and some passages where it is difficult for brass players to take breaths — please practice and master it.

(Eijiro Nakagawa)

中川 英二郎 / トライセンス ;ユーフォニアム&ピアノ 楽譜

SKU: KEUS-008
¥3,500Price