B. スターク

トロンボーンとピアノのための「組曲 第2番」

 

Bruce Stark

Suite No. 2 for Trombone and Piano

トロンボーン  & ピアノ

 

トロンボーンとピアノのための「組曲」第2

この曲は、トロンボーンの名手であるドン・ルーカスの委嘱により作曲されました。

第一楽章は堂々としたテーマを含んだ楽観主義のフレーズに始まり、それとは対照的な抒情的なフレーズへと続きます。私はこれらを楽観主義の2つの側面であると考えています。『強く』『断固とした自信と柔らかな自信』『希望』の側面。もう一つの側面は『超越した』『苦難』『独り言』です。

第二楽章は、全体を通してミュートで演奏されます。ジャズの影響を受けた作品で、演奏者は自身の意思や個性を表現することができます。音の出だしのタイミングや音楽のニュアンスは演奏者にかなり影響を受けるでしょう。

この組曲は第三楽章の『Dance』で締めくくられます。人々が人生を祝ってリズミックで明るいテーマで踊る楽章です。

この作品を委嘱し、作品を広めてくれたドン・ルーカスの素晴らしいミュージシャンシップに感謝します。

(ブルース・スターク)

 

◆初演:20177

◆演奏時間:約13

スターク,B. / トロンボーンとピアノのための「組曲 第2番」 ; トロンボーン & ピアノ 楽譜

SKU: KBKP-010
¥3,800Price